メンヘルと闘うリーマン四方山話

こんにちは。よそふると申します。当ブログへようこそ。社会人になって数度のメンタルダウンを経験。その経験談をよもやま風に語りながらこの社会をしたたかに生き抜くヒントを見つければと思います。

サザエさん症候群

冒頭のタイトルに書きました『サザエさん症候群』。耳にされたことがある方も多いかと思います。日曜の夕方6時半。人気長寿アニメのサザエさんが始まります。テレビから聞こえてくる朗らかなサザエさんの笑い声。この声を聴いて明日から始まる仕事を思って…

1週間

今月から短時間勤務が2時間伸びました。先月まで昼過ぎに退社していたところを、今月からは15時まで職場で勤務するリハビリ状態です。今月も今日で21日。後半に入るところですが、初旬はゴールデンウィークということもあり祝祭日も多く、またその翌週…

他人を変える

人は誰しも今の自分で満足できない方が多いのではないかと思います。人として生きる以上、誰だって長所もあれば欠点もあります。「自分のこういうところをもう少し直せたらな~」と思うこともしばしばでしょう。変わろうという意識があれば人は変わることが…

フルタイムへの壁

今月より勤務時間数を増やしています。ゴールデンウィークもあり、実質上、まだ8日しか出社していませんが、今のところ朝きちんと起きれ準備し、勤務開始時刻に間に合うように出社する。このリズムを維持できている自分には合格点だと思っています。しかし…

片頭痛

久々にこの2日間ほどしつこい片頭痛に悩まされています。それに紐づき、若干低空飛行気味なメンタル状態でした。メンタル低不調となる理由について思い当たる部分は多々あるので、その点は心配していないのですが、やはり心のバイオリズムの乱高下はあるの…

【今日の俳句】笠富士

「天曇り 富士も雨笠 被り待ち」 笠雲とは孤立した頂をもつ山の山頂付近に発生する笠上の雲のこと。富士山の笠雲は有名で『笠富士』と呼ばれています。笠富士が見えるときは天気が崩れる前触れだとか。笠富士の写真を見て詠んでみました。

【今日の俳句】紫陽花

「雨露に 浸りて紫陽花 ときを待つ」 職場の近くに、マンションに挟まれた状態の小さな小さな神社があります。神社の片隅にある紫陽花のつぼみがだいぶ膨らんできました。来週くらいには花が咲きそう。それを見て詠んだ句です。

【今日の川柳】蒸し暑い

今日の天気は雨模様。降ったり止んだりでとても蒸し暑い一日でした。体力づくりのため通勤の片道を歩いておりまして、その歩いている中で浮かんだ川柳を2句紹介します。 「雨上がり 不快指数も 右上がり」 雨が上がるのは良いですが、上がらなくて良いもの…

激太り

前回のブログで、私自身が過去のメンタルヘルスのときに躁うつ病を発症していたのではないか、ということを綴りました。今回はそのときの状況についてもう少し詳しく綴ってみます。 躁うつの状態となったときのことを語るには、2度目のメンタルダウン時の状…

【今日の俳句】富士山で3句詠みました

今日は富士山をテーマに3つほど。 ツイートで流れてくる富士山の写真を見て詠みました。 ◇棚田 「富士仰ぐ 八十八夜の 棚田かな」 棚田のはるか向こうに富士山が大きくそびえ立っていました。 ◇逆さ富士 「薄曇る 様の逆さ富士 鮮やかに」 薄曇がかかった富…

躁うつ病

私は今回のメンタルダウンとは別に、社会人になってから2回メンタルダウンをした経験があります。この2回のメンタルダウンは連動しています。1回目のメンタルダウンのケアを中途半端にしてしまったため、2回目は再発してしまいました。今から20年ほど…

【今日の俳句】初夏

「衣替え してもし足りぬ 初夏の午後」 初夏と言えども暑いものは暑いですね。スーツも夏仕様に変えたところですが、気温はそれを上回りました。日本の夏は今年も暑そうです。

切りを付けない

『仕事の切りを付ける』という言い方があります。仕事の一段落を終わらすとか、区切りの良いところでおさめるなど、ある一定の目標点をクリアすることを指しますね。この表現は使われる方は多いと思います。私もその一人。そして仕事の効率的なやり方として…

【今日の俳句】新緑

「新緑の 薫りに乗って プロポーズ」 近くの公園を散策していたら鳩さん二羽が仲良く新緑を眺めていました。 それを見て詠んだ句です。

力加減

職場復帰してから慣らし勤務を兼ねた短時間勤務を実施しています。大分慣れてきたので5月からさらに数時間伸びました。プラス2時間です。職場にいれる時間帯が長くなったことで、少し余裕を持った作業ができるようになりました。 改めて実感しましたが慣ら…

撤退と敗走

前回のブログで「管理者の代わり」と題して記事を綴りました。言いたかったことは、管理者などの役職について責任のある立場の方も休みましょうよ、ということです。『滅私奉公』とか『奉仕の精神』など聞こえは良いですし、美辞麗句的な意味合いもあるかも…

管理者の代わり

私自身が現職場で管理者であり、従業員の管理監督責任を持つ立場にあります。役職で言えば、いわゆる〇〇長というものが付いている立場です。ここでは「管理者」と言葉を統一して綴ります。管理者はその職場でのすべての最終的な責任を担う立場にあるわけで…

従業員の健康管理

五月晴れ 大樹に集う 午後の空 5月最初の日。いつもの通り近所を散策してましたら、良い感じの公園というか、大きな木を見つけました。日立のCMを彷彿とさせるその存在に一句詠んでみました。 私は職場での立場は管理者であり、労働法的には管理監督者となり…

自信をつける

うろこ雲 もうすぐ端午の 節句かな 昨日の朝、通勤途中の空の模様です。鮮やかなうろこ雲が空一面に広がっていました。暦は4月下旬。来週はこどもの日だなと思ったわけですね。 職場復帰して短時間勤務を続けています。なんとかかんとか短時間と言えども毎…

管理監督者としての健康経営

雨過ぎて 窓に映るや にごり川 昨日は結構まとまった雨の日でした。打って変わって今日はとても爽やかで良い天気。春から梅雨に変わっていく一時の過ごしやすい気候ですね。冒頭の写真は昨日の雨で増水し濁った川の模様。座ってお茶休憩しているところからの…

フルタイムへのハードル

曇天に 鯉もイマイチ 乗り切れず 今日はあいにくの空模様。小雨が降る中、マンションのベランダから飛び出ていた鯉もちょっとテンションが下がり気味に見えました。散策していると色々な風景が目に飛び込んできて面白いですね。 ここ数日のブログで職場復帰…

散策

三つ鳥居 ツツジ導く やしろみち だんだんと日中が暑くなってきました。涼しさを得ようと緑を求めます。冒頭の写真は三つの鳥居がいい感じに撮れた神社の一枚です。 病気療養から職場復帰しましたが当面は短時間勤務という時間縛りもありまして、いわゆる午…

リワークプログラム

青葉濡れ 喉を潤す 小虫かな 今日の近所散策から。今回も濡れ青葉の写真です。先日と同じような句となってしまいました。断続的に雨が降ったことで草木だけでなく虫たちも喜んでいる様子でした。 以前のブログでEAP=従業員支援プログラムということで綴…

短時間勤務

春の夏 涼しさ求めて 隠れ場所 4月なのに昨日はなかなかの夏日和でした。日本の春はどんどん短くなっている感じがしますね。冒頭の写真は日差しが厳しい中、川辺に涼しさを求めて立ち寄ったときの一風景です。雑踏な街中でも探せばマイナスイオンが集まって…

睡眠・覚醒リズム表

青葉濡れ 春の時雨や 一呼吸 今日の写真と一句です。久々に少しまとまった雨で空気も植物たちも一息ついてる感じでした。 病気療養から復帰を意識し始めたとき、主治医から進められて実践したものの一つに『睡眠・覚醒リズム表』というものがあります。これ…

従業員支援プログラム

春陽の 光が跳ねる 水面かな 最近、体力作りもかねて一日一万歩以上歩こうと徒歩で街中を散策することが多いです。通勤路の片道などを歩いて帰ったりしています。途中、何となく良いなと思った風景を写メしています。ついでに素人ながらに拙句も詠んでみたり…

仕事のストレス判定図

ストレスチェックというものがあります。これは労働安全衛生法という法律で決められている検査制度であり、常時50人以上の労働者を使用している事業場の労働者に対し、1年以内ごとに1回、必ず定期的に実施しなければなりません。事業場というのがポイン…

資格試験

昨日4月18日は春の情報処理技術者試験(情報処理推進機構主催)でした。50代というこの年齢になってから何かしら勉強欲も出てきて、50の手習いみたいなものですが、この試験をチャレンジしてきました。もっと若い時にこの手の資格試験はチャレンジし…

周囲の気遣い

自分自身がメンタルヘルスになり、病気療養を経て復帰してから感じること。それは周囲からの接し方です。周囲に見える形で長期療養に入ったことで、細かい事情を知らなくても大抵の状況は大なり小なり周囲の方は察しています。それだけに復帰してからの周囲…

2-6-2の法則

組織論を語る上で「2-6-2の法則」というものがあります。これは組織への貢献度人数の割合を示すもので、貢献度の高い人が2割、並の人が6割、低い人が2割ということだそうです。この法則はアリやハチなどの集団からも実証されていて、かなり信ぴょう…