メンヘルと闘うリーマン四方山話

こんにちは。よそふると申します。当ブログへようこそ。社会人になって数度のメンタルダウンを経験。その経験談をよもやま風に語りながらこの社会をしたたかに生き抜くヒントを見つければと思います。

定期通院

 昨日は、今かかっている病院での定期通院日でした。月に2回、2週間に1回のペースで主治医の診断を受けています。これは病気療養前も、療養中も、職場復帰後も同じペースです。また通院のペースだけでなく、通院時間も午前中の決まった時間枠で行っています。主治医や病院との相性は人それぞれだと思いますが、私の場合は非常に主治医との相性が合っているようで良かったです。

 決まったペースで定期的に通院することには治療を行うこと以外にも大きな意味があるようです。メンタルヘルスとなったときは往々にして計画的に事を運ぶということが一つの壁となります。その壁を乗り越えるためにも定期的に通院を行うことは、その行動自体が治療の一環ともなると思います。時間を決まった時間帯に設定しておくことも生活リズムを整えるためとなりましょう。そして、午前中枠に設定されていることもポイントです。朝、きちんと起きれるかどうかを見るためです。なかなか治療が進まない方は午前中時間帯だと遅刻気味になるようですね。

 私自身としては、現在の定期通院パターンは非常にリズムに合っています。自身の生活リズムを整えることもそうですが、2週に1回通院することで、定期的に有休を取得できることも大きいです。1週間、月~金の毎曜日出勤した翌週は平日に1回休みとなれますので、体力的にも心理的にも負担が低減されます。しばらくはこのペースは維持となります。

 短時間勤務が徐々に拡大し、今現在は15時までの勤務となっています。次へのステップが、いよいよフルタイム勤務となるわけですが、今回の主治医との診断はその点が焦点となりました。主治医の見解としては、フルタイム勤務までは問題なくいけるのではないか、という見立てです。私自身も心理面、体力面ともそれなりの活力を出しているという自覚もありますので、その面から言えばフルタイム勤務にもいけると思います。

 気になるのは、周囲の変化ですね。自分自身の心理面、体力面だけでなく、周囲の見る目が良くも悪くも変化してきますし、有形無形のプレッシャーがストレッサーとなって現れてくることしょう。それは時間が延びた分の単純な足し算ではなく、上司・同僚・部下からの期待値が掛け合わされた乗数的な量で押しかかってくるやもしれません。量においても、質においても。そこに自分自身が定時までしかおれない、という時間的制限が時間圧となって立ちはだかります。こういうことを考えると、フルタイム勤務にすることへの不安感が高まることは否めない状態ですね。

 短時間継続か、フルタイムにするかは、主治医との診断ではなく、産業医との面談で決定されます。近日中に産業医面談を受けることとなりますが、今の自分自身の考えや思いを整理しておきたくて、今日はこういうブログを綴りました。正直、まだまとまっていません。少し葛藤が続きそうですね。

 では、また次回にて。

 byよそふる

サザエさん症候群

 冒頭のタイトルに書きました『サザエさん症候群』。耳にされたことがある方も多いかと思います。日曜の夕方6時半。人気長寿アニメのサザエさんが始まります。テレビから聞こえてくる朗らかなサザエさんの笑い声。この声を聴いて明日から始まる仕事を思って、憂鬱な気分になってしまうことを『サザエさん症候群』と言うそうです。

 先週は月~金曜日のフル曜日を出勤して、結構疲労感が蓄積された一週間でした。久々の勤務による疲労ですね。プライベートの忙しさも相まってちょっと疲労度は高めでした。週末になってから少し心配していたんですよね。翌週の勤務のことを考えて、日曜の夜から鬱な気分にならないかな?と。そう、サザエさん症候群にならないかと気にしていました。何となくそういう感じがしていたので。

 別に仕事で心配事が溜まっているわけでもありません。プレッシャーのかかる案件を抱えているわけでもありません。逆にまだ周囲の配慮も大なり小なりあって、急ぎの案件が迫っているわけでもない。恵まれている状態だとは思うのですよ。そういう配慮を受けれることは有難いと感じているわけですよ。でも、なんか、こう、、、漠然とした不安感が頭をよぎったりしていました。

 これまでのブログでも綴りました通り、周囲の配慮はあるけれど、徐々に「もう、そろそろ」という期待度と言いますか、有形無形のプレッシャーを徐々に受けつつあります。その状態に自分自身のメンタルがきちんと対応できるかな、という不安。また、管理者の性ではありますが、職場の問題点があちこちに発生していることが見えてきていて「解決たい!」という前向きな気持ちと、「早く何とかしないとヤバい」という焦り。でも、今の自分の状態で能動的に踏み込んでもすべてを対応できないであろうという心の葛藤。こういったことが入り混じって、言葉に表しきれない不安という形に出てきています。

 こういう不安感からサザエさん症候群にならないか、とちょっと心配でしたが、それは杞憂でした。自分の想像以上にメンタルはタフになってきている模様。良いことです。夜もしっかり眠れ、睡眠の質としては上々。朝も問題なく起床し準備して出社することができました。しんどかった1週間を経てからの翌週のスタートとしては「よくやった」と自分を褒めています。

 新しい週はスタートしたばかりですので油断はできませんが、明日は定期通院で一日有休ですので、少し一呼吸置くことができます。ですので、明日はさておき、明後日から金曜までの3日間。ここをスムーズにクリアできれば、その実績がまた一つの自信となれますね。焦らず、じっくり、じっくり。一日一日を大切にしていきたいと思います。

 では、また次回にて。

 byよそふる

 

1週間

 今月から短時間勤務が2時間伸びました。先月まで昼過ぎに退社していたところを、今月からは15時まで職場で勤務するリハビリ状態です。今月も今日で21日。後半に入るところですが、初旬はゴールデンウィークということもあり祝祭日も多く、またその翌週は1日定期通院で有給としておりましたので、月~金の1週間フル曜日を出社したのは今週が初めてでした。感想は、とにかく疲れました。。。

 復職してから、月~金の1週間を毎日出社したのは、今週が初めてではないです。ただ、それまでは昼過ぎまでの勤務でしたので、実質、半日勤務でしたから、それほどの疲労感は感じていなかったです。しかし、15時までとは言え、午後からも勤務となって、毎日出社というのは今週が初の試みでした。正直、週の頭からプレッシャーはありました。一つのヤマだな、と。

 先のブログ記事でも綴りましたが、午後からも職場にいるとなったことで、直接的にも間接的にも周囲の目が変わってきていることを感じます。「大分、良くなったんだよね」「もう、大丈夫だよね」「元気になって良かったね」というオーラです。午後まで勤務のときは一定の遠慮なり配慮がありましたし、穿った言い方をすれば腫れ物に触るような感じで不要に近寄ってこない、といった状態でした。それが午後からも職場にいることで、「もう、大丈夫」という暗黙知のようなものが生まれ、必要不要にかかわらず人との接点が増えてきたということです。

 人との接点だけでなく、実際に任せられる業務量も増えてきています。徐々に上げていくというリハビリの基本に則ってではありますが、いざと言うときにどこまでカバーリングがあるのか、ちょっと不透明な部分はあります。つまり、これも「もう、大丈夫だろう」という心理が業務を依頼する側にも生まれ、有形無形に私自身にノルマとして与えられてきているわけです。

 もちろん、いつかはしっかりと自分自身の責務を果たしていけるように務めれることが望ましいのですが、やはり不安はぬぐい切れません。もし、またメンタルダウンの状態に陥ったらどうするよ?という不安。責務を果たしたいけど、応えきれるか、いや応えようとして、また心身不調にならないか、という不安ですね。

 ですので、今は勇気をもって精一杯、周囲に発信します。「期待に応えたいけど、ごめんね。まだ本調子ではなくリハビリ中だから」と。『15時までしかおれない』という事実も職場内外に発信します。言われた方は、一瞬「そうなんだ」と躊躇しますが、すぐに理解はしてくれます。知らせずに業務に支障が出る方が失礼に当たりますから、伝える必要はあると考えます。こういうことを発信していくことは正直疲れますが、仕方がないですね。ここが乗り越えるべき一つのヤマです。

 こういったことが毎日続きますと、さすがに体力以上に精神的に疲れます。仕事のことが気になって、家に帰ってからも頭の中に残っているときもありました。これは良くない兆候。そういう場合は躊躇せず、睡眠導入剤を飲み、とっとと寝ます。まず質の良い睡眠を取ること。これがメンヘル再発防止のポイントだと考えます。

 まずは1週間乗り切りました。乗り切った自分自身を素直に褒めてあげたいと思います。では、また次回にて。

 byよそふる

他人を変える

 人は誰しも今の自分で満足できない方が多いのではないかと思います。人として生きる以上、誰だって長所もあれば欠点もあります。「自分のこういうところをもう少し直せたらな~」と思うこともしばしばでしょう。変わろうという意識があれば人は変わることができます。でもあくまでコントロールできるのは自分自身だけ。他人を変えることはできません。

 先日、職場管理者の中で、職場アンケートの結果についてフィードバックがありました。今務めている会社では年に1回、この手のアンケートを取ります。職場の働きやすさとか雰囲気とかの意見を出してもらうアンケートです。この手のアンケートは記名式にするとまず正直に書かれることはありません。ですので、匿名で自由記述となります。匿名式ですので、ここぞとばかりに普段思っている不平や不満をぶつけてくる、内容としてはネガティブオーラ満載のアンケート結果が現れるというわけです。

 もちろん、その中には本当に困っていて、藁にも縋る思いで一所懸命に訴えた内容もあると思います。それらのアンケート結果を事務局が精査して、これは職場で解決しないとならないと思われた内容については、早急に対処するように職場管理者にフィードバックであり、指示が出るわけです。

 ということで、管理者だけが集まってその内容を吟味します。大体想像つくとおり、ハラスメントを受けているなどといった訴えが綴られています。匿名であり、いつ・誰が・誰にといったいわゆる5W1Hは不明瞭ですので、そこは想像力を働かせるしかありません。とは言え、普段から従業員とコミュニケーションをはかり、職場の状態を見ておけば大体想像はつくのです。つくはずです。しかし、、、集まった管理者からは的外れなコメントばかり出てきます。

 実は、その的外れなコメントをされる管理者さんたちが大体、パワハラなどのハラスメントを無意識(だと思いたい)にされています。自分のことをアンケートでは書かれているのですが、当人は全くそこには気づきません。これも鈍感力なのかもしれませんね。ある意味、有スキル者です。自分のことを言われていると気づけば、誰だって嫌な奴とは思われたくないでしょうから、それなりに自戒して言動を直そうとするもの。そう、自分自身で気づけば、自身で変える努力をするものです。でも、気づいていない。気づけていない。だから変わりようがない。そこが難しくもあり、もどかしい面です。

 今回は職場アンケートのフィードバックの場面での出来事を綴りましたが、こういった場面がしょっちゅう発生します。私がメンタルダウンした理由の一つがここにあります。職場の声を聴き過ぎて、そこに感情の重きを置いてしまい、そういった無自覚の人たちを何とか矯正しようと働きかけた。でも、ストレートに伝えることもできず、結局、何も変わらないどころか事態はますます悪化することで、私自身の心が疲れてしまったという感じです。

 長期休暇から復帰してもその現実は変わっていないことは改めて理解できました。以前と同じ轍を踏まないよう、決して何とかしようと焦らず、今は自分自身の体調のケアを第一に意識しています。他人を変え、職場を変えることはとてもとても大きく難しい課題です。今は力を溜めるとき。焦らず、焦らず。じっくり行って吉ですね。

 では、また次回にて。

 byよそふる

 

フルタイムへの壁

 今月より勤務時間数を増やしています。ゴールデンウィークもあり、実質上、まだ8日しか出社していませんが、今のところ朝きちんと起きれ準備し、勤務開始時刻に間に合うように出社する。このリズムを維持できている自分には合格点だと思っています。しかし、勤務時間が長くなるにつれ、徐々に周囲の期待値の高まりを感じており、果たしてそこに対応できるかどうかが大きな壁となりそうです。

 ここで言う勤務時間は拘束時間ともとります。休憩時間を含んで職場にいる(職場に拘束されている)時間ということです。職場の独特の雰囲気や緊張感、そして時間が長引くとともに比例して色々な人を相手にする機会が増えていくなど、ストレッサーは様々な形でやってきます。今現在、努めていることはそれらの状態をストレッサーに感じないように自分自身のとらえ方を変えていくこと。いわゆる認知の修正に努めています。

 復帰当初は拘束時間は午後まででした。昼休憩をはさんで午後の始業開始となったときに自分だけは早引きで失礼するわけですから、周囲としてはある意味分かりやすいですよね。「あ~午後までの勤務なんだな」と。この状態ですので午前中の限られた勤務時間しかおりませんので、上司も同僚も部下も誰もがそれなりに配慮というか遠慮して能動的なアプローチはそれほど多くありません。人と接する機会も自然と少なくなるわけですので、自分のペースで職場に慣れていけます。リハビリとしては非常に効果的と言えましょう。

 今月からは拘束時間が2時間伸びました。昼休憩をはさんで15時までいる状態です。午後からもいるということ。たかが2時間、されど2時間。周囲の目がちょっと変わってきます。「あ~、治ってきたんだな」「もう、ぼちぼち大丈夫かな」と言った感じです。自分自身が過剰に反応し過ぎているかもしれませんが、先月までと比べて明らかに人と接する機会が増えました。要求されること、相談されることも徐々に増えてきています。そもそも業務所掌も見直して高らかに職場内に周知されました。つまり、周囲は「あ~これで行くのね」という認識になります。まだフルタイムではない制限時間勤務であるにもかかわらず、なんとなく通常の勤務状態に引きずり込まれそうな気配を感じています。

 ここからは自分の意思をきっちり伝えることが大切です。人と話すときに必ず自分自身が『まだリハビリ段階の短時間勤務である』ということを伝えます。つまりすべてをフルにはできないよ、と。期待にはすぐに応えられないよ、と。そうやって自分のHPを削られないように守備力を上げていく。これがストレスコーピングとなります。

 次はフルタイム勤務に戻すかどうかの判断が迫ってきます。冒頭に書きましたとおり、まだ10日も今の拘束時間で働いていません。にも拘らず、色々なジレンマが出てきています。はたしてフルタイムに戻せるのかどうか。決して背伸びをしないことが大切です。自分の心にいかに正直でおれるか。慎重に進めていきたいと思います。

 では、また次回にて。

 byよそふる

片頭痛

 久々にこの2日間ほどしつこい片頭痛に悩まされています。それに紐づき、若干低空飛行気味なメンタル状態でした。メンタル低不調となる理由について思い当たる部分は多々あるので、その点は心配していないのですが、やはり心のバイオリズムの乱高下はあるのだなと実感した数日です。思い当たる部分の一つは家の中で心配事ができたこと。こちらは解決方向に動いているのでやれやれという感じです。生活していればこういうことは必ずありますので仕方がないですね。こういったストレッサーに対して上手に対処していくことが重要です。

 メンタル低不調となった一番大きな理由は仕事のこととなります。復職してから短時間勤務で徐々に慣らしていくプログラムはこれまでのところ非常にうまく機能していました。5月に入ってから勤務時間が少し伸びたところですが、そこに合わせて周囲の反応が徐々に変わってきます。良い意味での期待であり、悪い意味でのプレッシャーです。

 私がそれなりの働きをすることを期待していることは肌で感じます。今週頭に上長から仕事の所掌の見直しの提案がありました。他の管理者の皆さんと分業していた業務所掌を見直すというものです。提案というより指示でしたね。現状にあった形で所掌を再配するといった配慮はありがたくも感じます。が、おそらく決められた方々(上長と他の管理者)はその人たちの親切心であり正義で配慮をしたのだと思いますが、肝心の当事者である私自身には特に相談もなく決められてしまったことに対する不信感は正直生まれました。メンヘルとなったストレッサーの大きな要素はまだまだ健在であり、おそらくそれが無くなることはないのだなと感じたところです。

 新たな所掌が決まったことにより、そこに関わる人たちの反応も如実に変わってきます。ありがたいことに私がその方々の業務を一緒に行うことには好意的な反応が見えます。これは非常にありがたい。けれども、この好意的反応が今の自分にとってはストレッサーともなりかねない。おそらく正面から受け止め、その反応に応えようとすると間違いなく反動が出るでしょう。

 ひとまず「当面は短時間勤務だから徐々に慣らしますね」とやんわりと受け流しています。自分自身がメンヘルで長期休暇していたことを全く隠していないので、同僚・部下の皆さんはそのことを意識はしてくれていることは幸いです。ここからはアサーティブコミュニケーションが本当に重要なキーとなるのです。

 先日、主治医との定期診断があったとき、主治医の先生は短時間勤務からフルタイム勤務に戻るのはそれほどハードルが高くないだろう、のようなことを言われていました。その点につては、私はまだ得心できていません。一抹の不安がよぎっています。それは今日、ここに綴ったようなことがこれからジャブのように積み重なってくるから。予測はしていたけれど、いざ降りかかってくると身構えます。そして、身構え過ぎたのでしょうね。身体が強張ってしまったのかどうかは分かりませんが、この2日間は片頭痛に見舞われ、メンタルも低不調となったわけです。

 理由が分かっているだけに対策も打てます。これがストレスコーピングとなるわけです。自分自身のメンタルヘルスマネジメントをいよいよ本格的に実践していく状況となってきました。現在は不安と期待が五分五分。気負わずサラッとやっていきたいと思います。

 では、また次回にて。

 byよそふる

 

 

【今日の俳句】笠富士

「天曇り 富士も雨笠 被り待ち」

 笠雲とは孤立した頂をもつ山の山頂付近に発生する笠上の雲のこと。富士山の笠雲は有名で『笠富士』と呼ばれています。笠富士が見えるときは天気が崩れる前触れだとか。笠富士の写真を見て詠んでみました。